製品

ザイリンクス FPGA用 GigE Vision® V2.0 Rx FPGA IPコア

GigE Visionロゴ

プレミアデザインサービスメンバー

GENiCAMmロゴ

Zynq® UltraScale+™ MPSoCへの受信側GigE Vision® プロトコルかつGENiCAM対応により、組込み機器へGigE Visionカメラ画像受信を収容することが 適応型SoC 1chipで実現可能 !!なおかつ、高速で信頼性の高い映像伝送を可能にします。

特徴

  • GigE Vision® V2.0プロトコルによるイーサネット映像リアルタイム受信が可能
  • GigE Vision® V2.0の標準機能の他、Pending Acknowledge、Scheduled Action Command、All-in Transmission Mode Packetなどに対応
  • 1G/10Gbpsのイーサネットに対応。最大10Gbpsの帯域をフルに活用した映像伝送を実現
  • OKIアイディエス製 UDPオフローディングエンジン(UoE)搭載。GigE Vision®プロトコルの制御は、全てFPGA内部(MicroBlaze™)で処理。ハードエンジン(UoE)+GigE Vision®スタックにより高速映像受信を実現
  • FPGAは、Zynq UltraScale+ MPSoCに対応
  • AIA's Machine Vision協会に正規認定されているFPGA/SoCソリューション
  • 複数のGiGE Vision®カメラ収容に対応
  •  FPGAデバイスにより、対応可能な伝送速度は異なります。また、記載した以外のFPGAにも対応可能ですので、ご相談ください。

システム構成例

システム構成例

ハードエンジン(UoE) + GigE Vision®スタックにより高速映像受信可能。
組込み機器へのGigE Vision®対応を 適応型SoC 1Chipで実現!

GigE Vision®受信(GENiCAM) ソリューション構造図

Zynq UltraScale+ MPSoC PS部構成図

Zynq UltraScale+ MPSoC PS部構成図

  • カメラ制御は、Camera Description File (XML)を解釈したGenICam API (Node Map)を経由して制御可能
  • カメラから送られる映像Streamは、PL部のGVSP UDPオフロードエンジンが素早く切り離すのでStreamの受信率を向上可能
  • 切り離された映像StreamはARMを介さず、直接Video Frame Bufferへ転送するのでCPU負荷を低減
  • ARMのOSはザイリンクス標準のPeta Linuxを採用
  • OKIアイディエスは、Peta Linuxの推奨デザインサービスパートナーであり、サポート面も安心

Zynq UltraScale+ MPSoC PL部構成図

Zynq UltraScale+ MPSoC PL部構成図

  • OKIアイディエス製“GigE Vision UDP Offloading Engine“を搭載し、GigE Vision®プロトコルパケットの高速映像受信を実現
  • MicroBlaze™上 に”GigE Vision®プロトコルスタック”、”MACドライバー”、”GV-UOEドライバー”を実装し、全てのGigE VisionプロトコルをPL部で終端
  • GigE Vision™プロトコルにより、パケットロストの欠損データ補完を行い、高安定性を実現
  • EMACには、ザイリンクス製 1G/10G/25G Ethernet Subsystem を使用し、データリンク層の制御を実施

提供製品

  • FPGAデザインに必要となるIP+リファレンスデザイン+PS部/PL部の全ての開発環境とマニュアルをご提供します。

サポート体制

  • 国内製IPによる完全日本語サポート(電話/メール/各種マニュアル全て)
  • 技術サポートは全て当社技術者が直接対応いたします。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • ここに記載されている仕様、デザインなどは予告なしに変更する場合があります。
Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。
  • YouTube

お問い合わせ

お問い合わせ