現在位置:Home > 製品 > 車載用ビデオデータロガー(logiRECORDER)


製品

車載用ビデオデータロガー(logiRECORDER)

プレミアデザインサービスメンバー

logicBRICKS

logiRECORDER 3.1 Automotive Video Data logger

特徴

  • 最大12チャンネルのビデオ、20系統以上のネットワークチャンネルを同時録画可能
  • 複数ユニットをスタックして使用することで、より多くのビデオチャンネル数、ネットワーク系統数を実現
  • ビデオ、ネットワークデータの同期再生によりHIL(Hardware-In-the-Loop) シミュレーションが可能
  • 柔軟なインターフェース対応やお客様のカスタムモジュールにも対応可能な、FPGAベースのモジュール設計
  • TI® FPD LinkIII 次世代規格, Maxim Integrated™ Next Gen GMSL等 車載向けビデオインターフェース新規格に対応
  • 1GbE Smart Ethernet×4チャンネルを搭載、ハイスループットのローカル処理を実現
  • 業界の主要なスマートデジタルカメラ各種でのロギング、分析に対応
  • HIL拡張用ポートとして、10GbE Ethernet 専用チャンネルを 2系統搭載
  • BroadR-Reach®, Ethernet, CAN, LIN, FlexRay, UART, DIG I/O, GPS等の各種車載ネットワークに対応
  • 各録画ビデオ、データは同一のタイムスタンプを付与して保存
  • GPS PPSハードウェアタイムシンクにより、複数製品の使用(スタック使用、遠隔使用)でもユニット間 同期可能
  • 直観的に操作し易いダッシュボードアプリケーションにて、HW構成、録画、再生を制御
  • お客様のロギングアプリケーション向けの、ソフトウェア開発キット(SDK)
  • テスト車両への実装では4Gモバイルネットワーク経由で制御可能
  • 標準の録画に加え、特定のイベントトリガーによるデータ、ビデオの記録も可能(トリガー前、トリガー後)
  • トリガー、フィルターは、車両データベースからの信号、メッセージで設定可能
  • 主要なログフォーマットに対応。ROS, ASC, PCAP, MDF4形式でデータ保存可能
  • 対応する車両データベース:CAN XML DBC, LIN LDF, FlexRay FIBEX
  • 4つのポータブルSSD Disk により2~32TBの容量を実現、長時間の録画が可能
  • 350×281×110mmサイズのオールインワンボックス、低消費電力
  • 幅広い温度、振動に耐える頑丈なハウジング

Speed Up Design and Validation of Camera-Based ADAS/AD

ダッシュボード画面

ダッシュボードPCアプリケーションでの ハードウェア構成、トリガー、フィルターの設定により、連続録画、イベントトリガーでの録画、ビデオとネットワークデータの同時再生、録画済みデータの操作、オフライン解析が可能。

ダッシュボードでWiFi、4Gモバイルネットワーク経由の遠隔操作を実現。

logiRECORDERダッシュボード画面

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • ここに記載されている仕様、デザインなどは予告なしに変更する場合があります。
Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ