展示会、セミナー情報

CEATEC2022

CEATEC2022

本展示会は終了いたしました。

ご案内

 CEATEC(シーテック、Combined Exhibition of AdvancedTEChnologies)とは、毎年10月に幕張メッセで開催されるアジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会で、3年ぶりのリアル開催となります。
 今回、群馬県企業の優れた技術力を国内外に発信することを目的として、群馬県から公募がありました。当社は群馬県高崎市を拠点を持つ企業です。その趣旨に賛同し、AI関連の技術をデモとして開発、展示いたしますので、是非ご来場ください。

展示会概要

会期 10月18日(火)~21日(金) 4日間 全日 10時~17時
会場 幕張メッセ
主催 一般社団法人 電子情報技術産業協会
当社小間番号 K-034 (群馬県ブース内)
来場登録ページ
お問い合わせ先

出展内容についてのお問い合わせは以下までお願いします。
OKIアイディエス
Email:お問い合わせフォームへ

出展内容

      主な見どころ  内容 
AI関連

1.AIエッジ向けAMD Xilinx製「Kria KR260(ロボティクススターターキット)」を活用したAI姿勢推定および、GigE Vision®による高速画像伝送

  • AI推論(姿勢推定)をFPGAへ実装
  • 高位合成(HLS)による画像重畳の高速化
  • マルチメディアフレームワーク(Gstreamer)用プラグインの拡張実装
  • 「GigE Vision® V2.0 Tx IP」による高速画像 伝送
  • 上記技術を、AMD Xilinx製「Kria KR260」に最適実装

【動態展示】
カメラの前で特定のポーズをとると、同じポーズのキャラクター(緒希ツナグちゃん)を重畳し、モニターにリアルタイム表示するデモを展示いたします。

2.AIモデル軽量化技術:PCAS×AI処理高速化プラットフォーム:Zebra連携による推論パフォーマンス向上

  • OKI独自のAIモデル軽量化技術「PCAS(Pruning Channels with Attention Statistics)」は、AIモデル(ディープラーニングモデル)に内在する不必要な演算を自動的に削減、AIモデルを軽量化する技術
  • ZebraプラットフォームによるFPGA AIアクセラレーション

【動態展示】初公開!
10/17に下記のようにプレス発表をいたしました。

PCASとZebra連携により、AIモデルの軽量化からFPGAへ実装までを自動化することを実現
 ⇒推論パフォーマンスが向上します。
また、お客様が求める性能を短期間で実現することを目指しています。

プレスの場でご覧いただいたデモを、CEATECでも展示。
是非、体感ください!

3.AIエッジ向けAMD Xilinx「Kria KV260(ビジョンAIスターターキット)」を活用したリアルタイム映像の顔認識AI

  • FPGAへ最適実装
  • マルチメディアフレームワーク(Gstreamer)用プラグインの拡張実装
【動態展示】
4Kカメラで取得した映像に顔認識
AI(FaceDetect)で顔を検出、画像処理(ソーベルフィルター)をリアルタイムに行います。
自動運転向け/自律制御向けディープラーニング開発プラットフォーム

1.UltraZ AD

  • ZYNQ UltraScale+™ MPSoCを2chip搭載
  • それぞれに物体認識、空間認識、経路探索アルゴリズムを実装し、実車での自動運転評価や、自律制御ロボットへの組み込み検証を行える最適なプラットフォーム

【静態展示】
自動運転向け/自律制御向けの組み込み製品をターゲットとしたディープラーニング開発プラットフォームです。
回路、基板実装もご覧いただけます。

2.車載システム開発用ビデオデータロガー

  • ADAS開発に使用するデータロガーです。
【静態展示】
マルチカメラを録画再生できるレコーダーにより、室内で実写による自動運転の開発/評価、およびマルチビジョンアプリケーション開発を行うことが可能です。
AI/DNN
開発プラットフォーム
ディープラーニング・アクセラレーション プラットフォーム・エッジAI組込みハードウェアとして台頭している。GPUとFPGAの両方を搭載し、GPUによる柔軟な処理とFPGAによる高速処理を、1ボードで実現

【静態展示】初公開!
詳細は展示品を是非ご覧ください。

  • YouTube

お問い合わせ

お問い合わせ