展示会、セミナー情報

展示会出展レポート

「第14回オートモーティブワールド」ザイリンクスブースでデモ展示を行いました。

当社は、2022年1月19日から21日に東京ビッグサイトで開催された「第14回オートモーティブワールド 」ザイリンクスブース内のDynamic Function eXchange(DFX)デモの展示を行いました。

OKIEMSブースの様子
ザイリンクスブース DFX デモの様子

DFXは、システム動作中にプログラマブルFPGA/SoCチップの一部を再構成し、動的な機能の書き換えを可能とする技術です。

展示会では、当社のパートナーであるXylon社が開発したデモを展示しました。本デモでは、ザイリンクス製Zynq® UltraScale+™ MPSoCで、車載カメラ4台のHD映像を処理しています。各ビデオ処理系統内には再構成可能なブロックあり、3つのビットファイルを切り替え、異なるフィルタリングモジュールで各ブロックを再構成することで、システムを起動したまま動的に機能を書き換えるデモです。

本技術の適用事例として、ADASシステムのアプリケーションでは駐車時にはサラウンドビュー、走行時にはオートブレーキなど、車両の状態に応じて使う機能の書き換えが想定されます。これにより、小さなデバイスへの実装を可能とし、省電力、コスト削減にも貢献が可能となります。

今回展示したDFXは今後利用が多く見込まれ、OKIアイディエスでは、DFXの技術をお客様デザインサービスに適用してまいります。

また、本デモについての記事がマイナビニュースに掲載されました。
同じザイリンクスブースに出展した当社のパートナーのMipsology社のCNNアクセラレータ「Zebra」のデモについても掲載されています。ぜひご覧ください。

  • YouTube

お問い合わせ

お問い合わせ