現在位置:Home > 製品 > GigE-Vision Tx SDSoC Platform


製品

GigE-Vision Tx SDSoC Platform

SDSoC

GigE-Vision

ザイリンクス社のSDSoC 開発環境を使用し、OpenCv Harris Corner(特徴点検出)をHardware Accelerateしました。

無償のダウンロードにて、評価版デモプラットフォームをお試しいただけます。

Harris Cornerとは?

Harris Cornerは微分幾何学に基づくアプローチを採っています。簡単に説明すると、「一次微分値(差分)が一方向に大きければエッジ、多方向に大きければコーナーである」という知識に基づいて計算されます。特徴“点”を求めるには通常は二次微分が必要ですが、Harris Cornerではガウシアン平滑化で以て二次微分計算を代用します。

Corner Detection using Harris Operator

Harrisオペレータによる特徴量は以下の式で求めます。

特徴量数式
(特徴検出 - opencv.jpより画像引用)

ザイリンクスHLSライブラリには、Harris Cornerに沿ったHLS:Corner Harrisというライブラリが準備されており、このライブラリをSDSoCを使用してZYNQ SoCのPL(Programmable Logic)部に組み込みます。

今回の組込みデザインは、OKIアイディエス製のGigE-Vision IPと組合わせ、センサーからの入力映像の特徴点検出を行い、入力画像に特徴点描画を行った映像をGigE-Visionプロトコルにて、1Gbit Ethernetで伝送します。

デモ構成

デモ構成
SDSoC GigE-Vision Tx DEMO

デモ内容

デモは、SVDK Sensorからの入力映像をZYNQ PS部のARM CoretexA9にOpenCV Harris CornerライブラリをSoftwareとして組み込んだSoftware Corner DetectとHLS:Corner HarrisをSDSoCを使用し、HardwareとしてZYNQ PL部に組み込んだHardware Corner DetectのCorner Detectの2種が確認でき、softwareとHardwareでのCorner Detect処理の性能差分を確認できます。

Hard/Soft特徴点検出性能比較(動画)

ハードウェアプラットフォーム

プラットフォームには、XILINX製SVDK(Smart Vision Development Kit)を使用します。

評価版デモプラットフォーム

SDSoC Corner Detect GigE-Vision Tx DEMOの評価版デモプラットフォームは専用ページから無償でダウンロードしてお試しいただけます。

リファレンスデザイン

リファレンスデザインを含んだ評価版SDSoC開発環境のご用命は下記にお問い合わせください。

その他本件に関してのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • ここに記載されている仕様、デザインなどは予告なしに変更する場合があります。

ページの先頭へ