現在位置:Home > 製品 > Zynqソリューション


製品

Zynqソリューション

プレミアデザインサービスメンバー

ZYNQ

Zynq-7000 All Programmable SoCは、デュアル ARM Cortex™-A9 MPCore と 7 シリーズ FPGA プログラマブル ロジックを搭載した、より高い性能と高い I/O スループットを必要とする高性能アプリケーション向けのデバイスです。
Zynq-7000 SoCのプログラマブル ロジック(PL)には、様々なIPコアを搭載可能です。当社は、これまでにZynq-7000 SoCのようなマルチコアプロセッサの開発を多数手掛けており、加えてザイリンクスのプレミアメンバーならではのザイリンクスデバイスに関する豊富な知識で、Zynqを使用したお客様の製品開発に協力します。

ソリューション紹介

1080p60 x 2本のビデオ入力、1080p60 x 1本のビデオ出力が可能です。ARM Cortex™-A9または、PLに画像処理を加えることにより、高度な画像認識/検出システムが構築可能です。
Zynq-7000 SoCにPeta Linux、Wi-Fiミドルウェア、JPEGコーデック、SATA I/F、ビデオ入出力 I/F等を搭載した2カメラ映像伝送&蓄積プラットフォームです。
PetaLogix社の組み込みLinuxソリューションで、「通信」「自動車」「医療機器」「産業機器」等の先端企業で利用されています。
Zynq-7000 SoC のソフトウェア開発において、このPeta Linuxを利用することで、「性能の向上」「コスト削減」「生産性の向上」をもたらし、開発から市場投入までの時間を短縮し、製品の競争力をもたらします。
ザイリンクス社製FPGAで多数の導入実績のあるGigabit Ethernet TCP/IPソリューションをZynq-7000 SoCに搭載しました。
ARM Cortex™-A9上のソフトウェア処理では達成困難な900Mbpsの高スループットを実現します。
Zynq-7000 SoCにてPCI-Express® HOST(Root Complex)機能を実現しました。
Zynq-7000 SoCを使い、Videoの入出力と画像処理(重ね合せ、回転、拡大・縮小、キーカラー透過、αブレンディング)を実現します。 
GigE Visionカメラの映像受信は、一般的にPCを使いますが、ザイリンクス製 Zynq SoCにGigE Visionプロトコルスタックを搭載することにより、組込み機器で映像受信が可能になります。 
Zynq-7000 SoCにPCI-Express I/FのWi-Fiモジュールを接続した高速無線映像伝送プラットフォームです。 
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • ここに記載されている仕様、デザインなどは予告なしに変更する場合があります。

ページの先頭へ