現在位置:Home > ソリューション・サービス > 製品・サービス > Zynqソリューション > ザイリンクス Zynq -7000 EPP 向け GigE Vision 受信(GENiCAM)ソリューション


ソリューション・
サービス

ザイリンクス Zynq™ -7000 EPP 向け
GigE Vision® 受信(GENiCAM)ソリューション
ザイリンクスTri-Mode EMAC対応 GigE Vision受信ソリューション

>GigE Vision

プレミアデザインサービスメンバー

GENiCAMm

GigE Visionカメラの映像受信は、一般的にPCを使いますが、ザイリンクス製Zynq SoCにGENiCAMとGigE Visionプロトコルスタックを搭載することにより、組込み機器で映像受信が可能になります。

用途

GigE Visionカメラ受信機器、マシンビジョンシステム

特徴

  • ZynqのProcessing System(PS)にPeta Linuxを採用し、GENiCAMに対応
  • ZynqのProgrammable Logic(PL)にGigE Visionプロトコルおよび、ギガビットイーサネットのIPコアを搭載し、転送帯域をフルに活用した映像受信が可能
  • 複数のGigE Visionカメラ収容に対応
  • 国内製IPによる完全日本語サポート(電話、メール、マニュアル)、技術サポートは当社技術者が直接対応

構成図1

GigE Vision受信ソリューションはデモが可能です。デモのご希望がございましたら、ご用命ください。

GigE Vision受信(GENiCAM)ソリューション構造図

GigE Vision受信 Zynq PS部構成図

構成図2

  • カメラ制御は、Camera Description File(XML)を解釈したGenICam API(Node Map)を経由して制御可能
  • カメラから送られる映像Streamは、PL部のGVSP UDPオフロードエンジンが素早く切り離すのでStreamの受信率が向上
  • 切り離された映像StreamはARMを介さず、直接Video Frame Bufferへ転送するのでCPU負荷を低減
  • ARMのOSはザイリンクスデバイス標準のPeta Linuxを採用

OKIアイディエスは、Peta Linuxの推奨デザインサービスパートナーです。サポート面も安心です。

GigE Vision受信 Zynq PL部構成図

構成図3

  • OKIアイディエス製 GigE Vision UDP Offloading Engine を搭載し、GigE Visionプロトコルパケットの高速伝送を実現
  • MicroBlaze上 に GigE Visionプロトコルスタック、MACドライバ、GV-UOEドライバを実装し、全てのGigE VisionプロトコルをFPGA内部で処理
  • GigE Visionプロトコルにより、パケットロストの欠損データ補完を行い、高安定性を実現
  • EMACには、ザイリンクス製 Tri Mode Ethernet MACを使用し、データリンク層の制御を実施

提供物

デザインに必要となるIP+リファレンスデザイン+PS部/PL部の全ての開発環境とマニュアルを提供

デザインサービス

IP+デザインサービス(受託)で、お客様の要求仕様を把握し、IP使用による最適なシステム構成で方式をご提案いたします。

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • ここに記載されている仕様、デザインなどは予告なしに変更する場合があります。
Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ