現在位置:Home > SDSoC


SDSoC

SDSoC

ザイリンクス プレミア デザイン サービス メンバー

OKI アイディエスは、SDSoC開発環境での開発が可能なザイリンクスアライアンスプログラムのプレミアデザインサービスメンバーです。当社では、既にSDSoCを使用した開発サービスを複数のお客様にご提供しております。

SDSoC

GigE-Vision Tx SDSoC Platform

ザイリンクスは新たな C/C++ 開発環境として SDSoC™ 開発環境を発表しました。
ザイリンクスの SDx™ ファミリ開発環境の 3 番目のメンバーである SDSoC™ 開発環境により、エンベデッド ソフトウェア開発者のより広範なコミュニティが、ハードウェアとソフトウェアの「All Programmable」デバイスの力を活用できるようになります。

SDSoC™ 開発環境では、使いやすい Eclipse 統合設計環境 (IDE) や、ヘテロジニアスな Zynq プラットフォームのデプロイメント用の包括的な開発プラットフォームを含む、ASSP と同様の非常にシンプルなC/C++ プログラミング環境が提供されます。業界初、フルシステムの最適化をC/C++のみで実現するコンパイラを備えた SDSoC™ は、システム レベルのプロファイリング、プログラマブル ロジックを利用したソフトウェア アクセラレーションの自動化、システムレベル コネクティビティの自動生成、およびプログラミングを迅速に行うためのライブラリも提供します。

SDSoC™ 開発環境を使用すれば、2 つの点で Zynq SoC および MPSoCの開発効率が向上します。まず、ザイリンクス製、サードパーティー製、またはエンド ユーザー製のプラットフォームを活用することにより、ソフトウェア開発者は、ハードウェアとソフトウェアが分離している従来の開発フローよりも早く開発を始めることができます。次に、プログラマブル ロジックをソフトウェア アクセラレータとして活用する場合、通常はハードウェアとソフトウェアのチーム間で検討することになりますが、その必要がなくなるので、システム全体の開発をより迅速に行えるようになります。

SDSoC™ の詳細については、ザイリンクスの公式ウェブサイトにてご確認いただけます。

ページの先頭へ


  • お問い合わせ